忍者ブログ
http://berger.blog.shinobi.jp/
只今酩酊中につきグダグダ運営中・・・
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
コメント
(09/04)
(06/22)
(06/22)
(06/17)
(06/16)
(05/25)
(05/25)
(05/24)
(10/08)
(10/07)
プロフィール
HN:
berger
性別:
男性
連絡・苦情等
berger028@hotmail.com
ブログリスト
ブログ内検索
バーコード
[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9]
■ [PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


最近は現実逃避の仕方が酒でなく読書の方に傾倒してまいりました。

まぁ健康のためにはこちらのほうが良いのではないかと我ながら思ったりしますが、「酔う」とか「現実を忘れる」といった意味での効用にあまり変わりはないようです。

漫画を読むのは速いくせして活字を読むのは大して速くないので、まだこの秋で十数冊といったところでしょうか・・・。

ま、せっかくなのでいくらか感想を吐き出しておこうかと思います。



シャーロック・ホームズ大全
シャーロック・ホームズ大全


コナン・ドイルの珠玉の作品47編と華麗なホームズ・ファッションを満載した原著のイラスト200点収録。(アマゾンの商品の説明からパクリ)

私の読書歴はこの1冊から始まっています。(そのせいか、いまだに読む本の大半は海外ミステリ・・・)

小学校6年生の時、担任の先生の本棚から(これとアリオンを)拝借して、卒業式まで借りっ放しという有様でした。

それくらいお気に入りの一冊だったわけですね。(なにがお気に入りだったかっていうと、実は本文よりも挿絵の渋いイラストだったり・・・ま、子供ですから)

渋々卒業式の日に担任にお返ししたわけですが、その時担任からは「なんならあと10年くらい貸しといてやってもいいぞ」と温かい(?)お言葉を頂戴しました。

私はすっかり恐縮して長々と借りた事を詫びつつ返却したわけですが、今思えば借りパクしておけばよかった気もします(w

結局今になって自分で買い戻しちゃったわけだし。

しかし今読んでもシドニー・パジットの描くイラストは最高である。



このイラストの世界観に、グラナダ版ホームズも相当に影響を受けているのではないでしょうか?




先崎学の浮いたり沈んだり
先崎学の浮いたり沈んだり 
まわり将棋は技術だ 先崎学の浮いたり沈んだり2
まわり将棋は技術だ 先崎学の浮いたり沈んだり2


将棋界一の文才を誇る先崎学八段のエッセイ集。

だがしかし、氏の文才に対する評価が高まれば高まるほど、本業の成績は落ちている気がします。(´・ω・`)

天は二物を与えないということなんでしょうか、それとも何かを得るためには何かを棄てねばならぬ等価交換の法則なのか。

それはそれで美しい対比ではあるのかな・・・。

本書は非常に愉快なエッセイ集ではありますが、棋界をとりまく現実の厳しさ、超一流に相対する一流の悲哀、勝負将棋の過酷さ、といった切なさの「スパイス」も程よく効いているのが素晴らしいかと思います。

棋士になれなかった人間を描いたのが「将棋の子」なら、一流棋士として生きる人間の悲哀が垣間見れるのがこのエッセイ集・・・というのはちょっと言い過ぎか(苦笑




野村ノート
野村ノート


良くも悪くも野村のネタ帖。

野村氏の野球に対する発言のネタの大半はこれに書かれているような気がします。

そういう意味では野村氏というのは実に面白味のない人物のように思えるのだが、一方で現役&監督生活でこれだけのネタを掻き集めたという事実は凄い。

やっぱり偉大な野球人なんだなぁと感心させられる。

ただ今もまだ現役の立派な野球人であるかどうかは、最近の言動を拝見する限りどうも疑問。

現在楽天の監督を務めている野村氏であるが、氏が野球人としてまだ枯れていないのであれば、監督退任後はきっと解説者として新しく仕入れたネタを披露してくれるハズ。

枯れていたのなら、きっとこの野村ノートのネタと下らないぼやきを繰り返すんだろうな。

ま、もう氏も70超えの老人、これから新しい「理」を発掘するのは難儀でしょうし、出来なくとも非難されることもないでしょう。

新しい「理」を世間に披露してくれるのは、新しい野球人であるべきですし。(いつまでたっても王、長嶋、野村ってんじゃあんまりだ。まあこの3人、キャラ立ち的には抜群のバランスの良さだと思うけど)




未来のイヴ
未来のイヴ

輝くばかりに美しく、ヴィナスのような肉体をもつ美貌のアリシヤ。しかし彼女の魂はあまりに卑俗で、恋人である青年貴族エワルドは苦悩し、絶望していた。自殺まで考える彼のために、科学者エディソンは人造人間ハダリーを創造したが……


あんまり「恋愛小説」というのは得意じゃないんですが、これにはゾクリとさせられました。

青年エワルドの「悶々」感には、何だかかなり身がつまされるものが・・・。

幻想、夢想、願望、思い込み、男性の女性に対するイメージなんてものは大抵そんなもんなんだろうなぁ。

それが互いにとって幸か不幸かどうかはケースバイケースってことでしょ、きっとね。




イニシエーション・ラブ
イニシエーション・ラブ


で、今はこれ読んでまーす。

オチが素晴らしいミステリーらしいんですが・・・、そういうのって楽しみにしてると裏切られたりするもんだよね。
PR

元日本代表MF増田が今季限りで引退



あの怪我さえなければの一言に尽きる。



「天才ドリブラー」とされていますが(5人抜きドリブルとかしてたし、実際ドリブル上手かったけどね)、全盛時の増田忠俊はボールを持っていない時の動きも実に魅惑的な選手でした。

いやぁ増田(と柳沢とマジーニョ)が僕にポジションチェンジとかフリーランニングとかスペースメイキングといった動きの妙を教えてくれたんだよ・・・。

未だ鹿島には彼の後継たるに相応しい選手が現われなくて、もう長らく寂しい思いをしています。

きっと僕にとっては長く忘れる事のない選手だと思う。



ありがとう。

お疲れ様でした。

日本代表メンバー AFCアジアカップ2007予選(対 サウジアラビア代表、11/15・札幌ドーム)(06.11.11)

野沢 拓也
NOZAWA Takuya 1981.08.12 176cm/70kg 鹿島アントラーズ 0・0





何とも感慨深い。

「代表」はアテネ五輪代表以来かね・・・。

確かアテネ五輪代表発足当初の中国戦でスタメン(2002年かな、TVで見てたよなー)して以来、あんまり声がかからなくなったよな。

あの時点での野沢だって上手な選手ではあったけど、ピッチ上の1/11として眺めた場合は随分物足りないところが多いことも確かだった。

それを思えばこの2年くらいですか、ホント伸びたよなぁ。


今の鹿島アントラーズでは数少ない代表に選ばれても恥ずかしくない旬なプレーヤーの一人だと心の底から思っていたので、ホント素直に嬉しいです。

抜群のシュートテクニック(アイデア、ミートする技術、精度)を代表でも見せて欲しい。

ポジションはFWでもMFでも構わないはず。

頼むから見せておくれ、オシム爺。

あ。



香港リーグに日本人が

Kitchee 0:2 South China

【サッカー】研修中の家本政明主審が香港リーグで主審を務める イエロー8枚・レッド1枚(画像あり)



・・・開始2分で黄紙、黄紙累計8枚&赤紙1枚乱舞、か。

どう見ても家本さんです。



ま、あれだけ傍目にもわかるほど重度の精神疾患が、ほんの一月二月程度の「研修」で回復するわけないよね・・・。

日本サッカー協会審判委員会とやらも精神疾患患者を余程甘くみてるとみえる。

「メンタリティーが病んでいる」のがわかっているのなら、もっと抜本的な治療が必要だろうに。

ご本人には心底同情します。

つーか、同病相哀れむって感じですわ。('・c_・` )

しばらくの間、サッカーからは離れた方が良いと思う。

日本のサッカー界のためにというより・・・、何よりも本人のために。

相変わらず滅入ってます。

思考はどうどう巡り、その先に思考をめぐらせれば結論が明白なのはウンザリするほどわかっているけど、その結論に飛びつく勇気もなくって、目先のお酒に逃避する、酒が醒めればまたどうどう巡り。


そういえばNBAのシーズンプレビューも書こうとしたのですが、最初にセルツの書いた時点で気力が萎えました・・・。



Boston Celtics

不遇のエースSFポール・ピアースと、点取り屋稼業一筋SGウォーリー・ザービアック。
ま、得点していくことに関しては昨年同様ある程度計算が立ってます。
ただ勝つために必要なものはまだまだ多いわけですなー。
Cセオ・ラトリフの獲得により一応ゴール下守備は補強。
さらにCケンドリック・パーキンスが順調に伸びてくれば、他チームにとっては少々手ごわいインサイドの障害物となりそう。(層は薄いですが)
また「飛び道具」(2シーズン前のリッキーのような・・・)が欲しかったところに、セバスチャン・テルフェアが加入。
テクニックとクイックネスに溢れた天才肌のPG。(ルーキーイヤーに一目見たときから、早々にブレイクする素材だと思ってましたが・・・、その頃思ったよりは伸び悩んでいるのかなっと)
ただしどうしても玉離れが悪い印象のある彼を、チームとして機能させられるかどうか。
彼らが計算どおりに機能したとして、残る大きな懸案事項はインサイドからどうやって得点していくか。
これに関しては2年目の昨シーズン伸び悩んだ感のあるPFアル・ジェファーソンにかかる期待が大きくならざるをえない。
他に人がいない。
ピアースがローポストで体張る時間が長くなるようだと、あまりこのチームに将来はないように思える。
アル・ジェファーソン&テルフェアの3年目のシーズンが飛躍の年となるならば、プレイオフスポットは狙える。
昨シーズン33勝に終わった今のBOSとは、そういう戦力なのだと思う。
そしてもちろんピアースにアクシデントが起きれば・・・33勝も遠い数字になりかねない。

予想勝ち星35~40勝



シーズン開幕前に書いたんですが、んー、我ながらどことなく屈折した文章ですね。(´・ω・`)

あっしが今シーズン期待しているチームですが、INDはまぁもちろんとして、TORとかGSWといったあたりでせうかねぇ。

MILも面白そうだけど、ここはラストピース(PG)が埋まってからって気がしまっす。(ハインリックやらビラップスやらイロイロと動いているようですし、サラリー面でも動きやすいチームだし、来シーズン以降が勝負かなっと。MOの頑張り次第でもあるけどね)

INDではダレルさん恐るべし、ですね。

プレーヤーとしてはもう枯れつつある人だと思ってたので(DALでもACっぽい逸話が多くなってたし、INDでもそういう仕事になるんだと思ってたから)、ほんとお見それしましたって感じ。

この調子で15~20min、苦しい時間帯を下支えしてくれるんならAJの穴は十分埋めてくれそう。

それも正PGが健康で居続けてくれるっていう前提付ですがね。

さてどうなることやら・・・。

相変わらずテンションは上がってきません。(´・ω・`)

毎夜、酒びたりの日々です。

肴は塩と味噌。

なんか行き着くところまで行き着いた感があります。

そんな秋の夜長、無聊を慰めてくれるのは音楽と本とDVDだったり。



LEON
LEON

エリック・セラが結構好きだったりするのですが、秋の夜の切なさにはこの一枚。

エンドレスで流し続けて、何もしないまま夜が明けたり、休みを一日潰したり・・・。

やっぱ重症ね、オイラ。



Me And My Monkey On the Moon〓Singles and Outtakes〓
Me And My Monkey On the Moon〓Singles and Outtakes〓


小島麻由美、彼女の歌声は夏聴くよりも秋に聴いた方が映える。

そう思います。

切なくて艶っぽい、素敵な歌声してるよなぁ。



将棋の子
将棋の子


視線は温かだが、描かれている現実は非常極まる。

結局人生って常に何者かと競争し続けているわけで、その競争原理から落伍し、挫折した人間の眼前には黒い海が広がっている。

その黒い海を如何にして泳いでいくか。

切なく、そして温かい一冊。



犬神家の一族
犬神家の一族


結局、人死をどれひとつ回避させる事が出来ない不具探偵・金田一耕助(石坂浩二)の切ない活躍。

充実のキャスト、音楽(大野雄二)も最高に素敵(これとNHK小さな旅が大野雄二の真骨頂と思っている人も多いと思ふ)、市川崑って監督の凄味、素晴らしい。

リメイクされるそうですが、正直やめといたほうがいいと思う。(予告編見たけど・・・)

まぁ、観に行くけどね。



あー、秋は切ないね・・・。

更新、思いっきり滞ってまーす。


理由は身体的なものではなく、精神的なものでっす。

自分が精神的に未熟でイロイロと欠落した人間である事は随分前からわかっておったつもりなのですが、今またあらためて突きつけられたわけでして。

普通の人なら思春期あたりでとっくに乗り越えている壁から今の今まで逃げてきて、もうそんな壁の事はすっかり忘れていたつもりだったけど、齢30を前にしてまた目の前に現われた感じです。

そんな壁の前を右往左往する心の旅を繰り返しています。

で、毎日酒を飲んで酔いつぶれるようにして眠りを得て、心の旅から一時帰郷しているといった具合です。

今日こんな事を書いていられるのは、お仕事3連休中で幾分精神的にも肉体的にも落ち着いてられるからってわけでして。

ここんところ起床→仕事→酒→潰れて就寝の無限ループでしたから。



乗り越えるか忘れるかして酒に逃避もしなくなったら、きっとまたこのお気楽Blogの更新も再開されることでしょう。

でもサッカー(鹿)関連の話題は当分無しかな。

だってあいつら見ると余計気が滅入りそうなサッカーしかしてくれないんだもの(苦笑

精神衛生上よろしくない。

明日のチケットもナビスコのチケットも持ってるけど、行く気力はないなぁ。(´・ω・`)

なので、次回予告はNBAのシーズンプレビューってことで。

シーズン始まるまでには心の旅から帰ってきまーす。

Pacers' Jackson charged in strip club fight



先日ストリップバーで暴行事件に巻き込まれたとされるインディアナ・ペイサーズのトラブルメイカー、もといスティーブン・ジャクソン氏が検察当局から告発されました。

罪状は暴行&治安紊乱行為。

要するに、口論から喧嘩沙汰に至った・・・と。

デトロイトでの乱闘事件で執行猶予中の身だったジャクソン。

彼にとって(そしてチームにとっても)容易ならざる状況になってきました。

禁固6カ月から3年を求刑、ですって。

えらいこっちゃ。

救いは他の3人(ジャマール、マーキス、スナップ)は起訴されなかったことくらいでしょうか。

(マリファナの件もジャクソンと同時に起訴されたジャマールの友人によるものだそうで)



・・・まあ、他の選手ならいざしらず、あのスティーブン・ジャクソンが、ああいう状況で、事件に対しての責任が全くないとはやはり思えなかったわけでして。

それが悪しき「先入観」であることを願ってはおりましたが、どうも「案の定」という展開になりそうです。

先日のレジーのコメントじゃないですが、チームメイトもコーチもフロントも彼に対して甘すぎたという批判は免れないかもしれません。

やはり馬鹿は死ななきゃなおらないようであり、そんな馬鹿に対して今後チームが取りうる手段も、やはりもはや限られたものになるのでしょう。

ホント、頭痛いや・・・。

なんだかこのネタももういい加減飽きてきましたが・・・、まだまだ事件は終わらないようで。


Bag in Pacer's vehicle will be tested for DNA


事件に際しジャマールの車からマリファナが発見されているが、マリファナの所有者が特定できなかったため逮捕者は出ていなかった。

が、警察はマリファナの入っていたバッグをDNA鑑定する方針だそうで。

4名の選手&他少なくとも3名が関係しているとされるこの事件ですが、マリファナが選手のものではないことを切に願うばかりです。



Contrite Jackson returns



そしてトラブルメーカーさんは練習に復帰。

彼とチームがNBAでの日常性を取り戻すまで、長い時間がかからなければよいのですが・・・。



Former Pacers great Miller blasts Jackson's behavior


そしてそして今回の一見に関してチームにとって最大の「伝説の男」レジー・ミラー御大がコメント。

"You shouldn't stand behind a player that is someone slapping you guys in the face during the middle of training camp being out at a strip club at 3 o'clock in the morning shooting it up like it's the Wild, Wild West,"

まあ辛らつですが、チームの外にいる人間としては真っ当なコメントでしょう。

現役時分の御大といえば、コート外では常に「チームのため」に真っ当なコメントを発し続けた御方。(たまにおかしなことも言い出しますが)

ですが、今はTNTの解説者という御身分なわけで。

ちょっと寂しくはありますが。



Miller's comments don't register


よってミラーのコメントに対して、バード社長の反応は当然「コメントは差し支えさせていただきます」なのでしょう。

嗚呼はやくチームの一員として帰ってきて下さりませぬか、レジー様ぁ。






と、まあ、こんなゴタゴタの一方で、プレシーズンが開幕します。

ジャーメインは2年前の例の事件の公判で欠席。

まだまだ引き摺ってますね。

トラブルメーカー・ジャクソンも欠場。

ジャーメインの代わりにジェフ、そしてジャクソンの代わりにはホワイトがスターターに入るそうです。

やっぱりこの2巡目ルーキーは現時点で相当に評価されておるようで、プレイを見るのが非常に楽しみです。

またDALから来たPFジョシュ・パウエルも高評価のようで、ロスター(15人)争いをリードする存在になるかもしれませぬ。


PG:ジャマール ヤシケビシウス グリーン ダレル スナップ
SG:ジャクソン マーキス ホワイト 
SF:グレンジャー ウィリアムス マーシャル ランプレー  
PF:アル バストン パウエル 
C:ジャーメイン フォスター ハリソン エドワーズ


ざっと眺めたところアクティブロスター12人枠入り確定はジャマール、ヤシケ、ジャクソン、マーキス、グレンジャー、アル、ジャーメイン、フォスター、ハリソンといった主力どころ。

それにホワイトやダレルが加わりそう、な雰囲気。(ダレルさんはベンチに入れとかないと獲得した意味がないような気がするし・・・)

あとはバストン、パウエルあたりが最後のベンチ枠を争うのかな。

新人のウィリアムスはキャンプ、プレシーズンでインパクトを残せないようだとDリーグでシーズンの大半を過ごす事になりそう。

頑張れ。

ロスター(15人)入り最後の一人はグリーン、スナップ、マーシャルのうち誰か。(エドワーズはないでしょう・・・)

PGにせよ、スイングマンにせよ、過多気味のポジションなんで誰を残すかは正直今の段階では見当をつけづらい。

熾烈な競争です。

頑張れ。

カーライルHCが例の事件についてコメントしましたとさ。



"Our guys made an error in judgment"

"They were in the wrong place at the wrong time"

"But on the other hand we're fortunate he's OK. A life-threatening situation was averted"

"We talk to the guys all the time about who they are, where they go, the hours they keep and how important it is to have discretion. Earning and maintaining professionalism is a day-to-day task."

"We have to continue to focus on basketball and prepare for a difficult season"



面白味はまるでないが、まったくの正論ですね。

呆れるくらいの正論家、僕らのリック・カーライルに乾杯。

これをもって事件の当事者達をどう処遇するのかは読み取れませぬが、それでも連中の健康よりも苦言が先にきてるあたり、相当にハラワタ煮えくり返ってるのは間違いないのでは・・・と邪推。

で、そのジャクソンの復帰時期は未定。(ファンジャムにも欠席)

チームがジャクソンらを処罰するかどうかも未定。

一方で2巡目ルーキー、ジェイムス・ホワイトくんの評判は上々で(ファンジャムで行われた練習試合ではジャーメイン、アル、グレンジャー、ジャマールと同じチームでプレイした模様



すぐにとってかわられ・・・はしなくても、何かしらの「影響」はあるのかもねっと。
忍者ブログ [PR]
Powered by 忍者ブログ  Design by © まめの
Copyright © [ つれづれ Fifth Season ] All Rights Reserved.