忍者ブログ
http://berger.blog.shinobi.jp/
只今酩酊中につきグダグダ運営中・・・
カレンダー
03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
コメント
(09/04)
(06/22)
(06/22)
(06/17)
(06/16)
(05/25)
(05/25)
(05/24)
(10/08)
(10/07)
プロフィール
HN:
berger
性別:
男性
連絡・苦情等
berger028@hotmail.com
ブログリスト
ブログ内検索
バーコード
[16] [15] [14] [13] [12] [11] [10] [9] [8] [7] [6]
■ [PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


プレイオフの真っ最中にちょっと気が引ける思いもしますが、我らがラリー・バード社長のプレスカンファレンスの問答が公開されていましたので、それを肴にしてみたいと思います。(やっぱわしINDファンなんで、一応)




Larry Bird’s Year-End Press Conference


ま、端的に言えば、カーライルには来シーズンも指揮してもらって、契約切れの選手達(ペジャ、フレディ、ポラード)とも『出来れば』全員再契約して、その上で動かす必要がある部分は動かしましょう、でもそれは簡単じゃないよネっていう話、でしょうか。


ただPGに関してはイロイロ思うところもありそうで。


Q. How do the pieces fit together at point guard?

A. The one thing I would like to see is a little more quickness in the backcourt. It's tough because Jamaal (Tinsley) has played about 1,500 minutes the last three years. If he was playing all the time, I think we'd be fine. But you're right, Anthony might think he's a starting guard now and obviously he deserves that at this point. But if Jamaal Tinsley's healthy and comes in shape and is ready to go, he's a pretty good player and he gives us a little more quickness and more ball movement out there. It's something we're going to look at, no question about it.



ま、シーズン中から「誰がスターティングPGなのか?」という話題は地元紙でも取り上げられられてましたし、AJがプレイオフで獅子奮迅の活躍を見せたことで、今後ますますもって問題は複雑化していきそうな雲行きです。

もしティンズリーが機械のカラダだったなら、去年も今年も来年も間違いなく不動スターターだったでしょう。
怪我勝ちになるまでの彼は、多少の紆余曲折(太ったり、怪我したり、外されたり)はあったものの、まず順調に年々成長していました。
肉体的なタフさを身につけ、入団当時は大きな課題であったジャンプシュートの精度は年々向上、ボールハンドリングも安定、あとは精神面で落ち着きが出てプレイの波(結構な頻度で「暴走」してましたから)が小さくなっていけばなぁ・・・と、確実に段階を踏んでいたんですけどね。
度重なる怪我の影響が彼の進歩を妨げた事は間違いなく、彼が機械のカラダで無かった事が実に残念でならないわけです。
機械のカラダだったら今頃はオールスターだったかもなぁ・・・と、まぁそのくらいのポテンシャルは秘めておったと思います。

ただ、わたしゃAJが来シーズンのスターティングPGで良いと思っておりますよ。
ベンチからよりもスターターで使った方が活きるタレントであることは間違いないですし。
”I would like to see is a little more quickness in the backcourt.”というのは同感ですけど、結局必要とされる局面でquicknessがあれば・・・ということなので。
ティンズリーがスターターであることに拘泥することはないと思うのですがね。
何はともあれ、すべてはティンズリーが健康とコンディションを取り戻してから
の話ですけど。

完全に取り戻せるとは限らない?

”quickness”を与えてくれるのは、何もティンズリーに限った話ではないわけで、そういう意味ではティンズリーだってトレードの駒になる可能性は十分・・・。



そしてもう一人のPG、鳴り物入りで加入したものの結果を残せなかったヤシケビシウスについて。


Q. Were you disappointed in Sarunas Jasikevicius' season?

A. I think it was a shock when he got over here and found out how many games we play. He'll admit to you, about halfway through the season he hit the wall. Sarunas is a point guard. Me and Rick differ. He likes to play him at two but I think he's solely a point guard. If he gets his minutes and gets out there and gets his confidence, I think he's a very good player. Now, he's going to struggle at times on the defensive end but you've got to gear your defense to help everyone. It's got to be a team effort out there. He struggled. He'd be the first one to tell you. But does he belong in this league? Yes. I think he's a heck of a player.



やはりヤシケに関しては獲得したバードと、使う側であるカーライルとの間で認識の違いがあったようです。
そしてそういった認識の違いという問題以前に、ヤシケ自身がスタイル的に肉体的に体力的に「壁」にぶち当たってしまったことも、また確か。
だったら使う側のカーライルが考え方を変えるか、使われる側のヤシケ当人か「壁」をブチ破るか、もしくはどちらかがチームを出て行くかしか、ヤシケを取り巻く状況が良くなる事はないんでしょう。
そしてカーライルがHCであるならば、トレード候補として名前が挙がるのは彼だと思います。
私個人としては、もう一年くらい様子見ても良いかな(甘いか?)と思ってますけど、良いディールがあるなら断る理由はないでしょうね。



とにかく、期待された結果を全く残せなかったシーズンの後なだけに、「変化」を求める声が高いのは当然なのですが。


Q. Why not be more aggressive about changing the roster now?

A. Making changes is a little harder than you think it is. You've got to have somebody on another team that wants to give you something good for what they're getting. Yeah, you can make trades every day. You can take one of your better players and go get some CBA players, but that ain't how it works. I'm willing to step back, which we are right now, to move forward but I couldn't stand winning 35 games a year and knowing you'd be lucky to do that. That's not my nature. I want to win every game.



ま、そりゃそうだと思うけど、それでも駄目だったシーズンのオフには何かしらの大幅な「変化」を求めてしまうのがマスコミの、そしてファンの悲しい性ってもんでしょう。
バードもそれくらいのことはわかってるんだろうから、この返答は何とも色気が無い(苦笑



ともあれ、来シーズンのロースター構成に関しては、まずはFA選手との再契約交渉から始まる事になるかと思われます。

ただペジャとの再契約にもし成功したとして、ペジャを来シーシーズンも「戦力」として起用するのであれば、センターかパワーフォワードに1枚、特にオフェンスでジャーメインの助けになるような、ペイントエリア付近でポイントをつくれる選手がもう一人欲しいねぇ。
ジャーメイン本人はセンターが欲しいって言ってるけど、贅沢を言ってはキリがないので、ジャーメインをセンターに回して優秀なパワーフォワードを起用できるんならそれでも良いと思う。(もちろん良いセンターが獲得できるに越した事はないんですが・・・。昨年オフとか随分前からグッデンいいなぁ、とか、ウィルコックスいいなぁ、なーんて言ってきましたけど、この2人も今オフ制限付FA。きっと高値がつくんだろうな・・・。)
その場合、コチラが出せるのはクローシェア(来季終了後FA)、S・JAX 、ヤシケ、ハリソン・・・あたりかなぁ。
グレンジャーのナチュラルポジションも3番でペジャと被るんで、ペジャとの再契約にこだわらないっていう手もあると思うけど。(バードさんはグレンジャー2番、4番でも使えるって言ってるけどなー。ま、ペジャさんがいるのであればオフェンス面で2番起用は大きな問題にはならない、かもしれない。問題は守れるのかっていう点。)

ペジャと再契約できなかった(しなかった)場合、恐らくグレンジャーやS・JAXが3番に回る・・・っとなると、2番が補強ポイントになりそう。
この場合、フレディとは再契約出来ている公算は高いと思いたいけど・・・。

あと、あれだけ周りが怪我で苦しんだシーズンで、ただ一人3000min近くプレイしてチームを支えたS・JAXを、(そのプレーに多少不満があっても)健康に不安を抱えるチームがおいそれとは放出できないという気もします。

ジャーメインの放出は、それこそKGクラスの選手を引っ張ってこれない限り、ない話でしょう。
安売りだけはしちゃいけない。
GSWのマーフィー?
NYNのカリー&フライ?(INDはJO&ティン)
冗談ではない。
KGであれば話は別ですが、MINが出す事はないでしょう。
怪我が多いPFで放出論議が盛んだったプレーヤーとなるとクリス・ウェバーあたりが比較対照になりそうだけど、ジャーメインの場合はそこまで深刻な怪我は負ってないですし。

ジェフ兄貴はやはり健康次第でしょうか。
彼もこの2年は怪我が多くて、その怪我からの復帰のたびにコンディションを上げる事に苦労している。
コンディションが安定していれば、放出なんて絶対にしちゃいけないプレーヤーだけど・・・。

来季終了後FAの高額選手クローシェアは、当然トレードバリューとしては高いんだと思う。
その一方で、INDもお金余ってるチームじゃないですし、来季終了後適正価格で再契約するというのは当然アリでしょう。
(コンディションが良ければ)彼のドライブ&FTのコンボはINDにとって貴重な武器になりますし、今シーズンくらいの数字が残せるのであればシューターとしても価値はある、何より普段プレイタイムが無くて直接コート上でチームに貢献できなくても、チーム状態が悪くなった時に「戦える」クローシェアは、チームにとって実に有り難いプレーヤーですから。



正直、基本的に誰がトレードされてもおかしくはないのですが、それでもジャーメイン、グレンジャー、AJは残すだろうというのが自分の予想ですかねー。
私個人としては今のメンバーが全員健康体で迎えるシーズンというのをキチンと見てみたい気もするので、ロースターの大幅な変化はあまり望まないのですが・・・。
ただ2年間駄目だったものが突然来年改善されるとは限りませんし、一度解体的出直しを図るという選択肢も当然アリでしょう。
とにかく今のこのチーム、ロースターに限らず「何か」を変えなければ前に進む事が出来なそうですし。
その「何か」がロースターなのか、コーチなのか、精神的なものなのか、トレーナーなのか、怪我しないための食生活なのか(w)、何なのかは自分にゃさっぱり見当もつきませんが。

はてさて一体どうなることやら。

(しかし、まーたダラダラとつまらぬ長文を書いてしまったなぁ・・・自己嫌悪)
PR
 ■ この記事にコメントする
HN
TITLE
COLOR
MAIL
URL
COMMENT
PASS
TITLE > 無題
こちらに書き込むのは本当に久しぶりです。
どうもご無沙汰しております、3wayamaです。
引っ越し祝いもせずに申し訳ないです。

さてIND。
このチームは変わらないことが「らしさ」だと思っていたので、(ベンチクラスならともかく)アーテスト放出は驚きの一言でした。
個人的にはメジャーチェンジをせず、マイナーチェンジに止めて熟成させる方向に向かってほしいんですがねぇ。

つーかJオニールは、フォスターがCの一体何が不満なのか(笑)
3wayama URL 2006/05/12(Fri)21:37:16 #EDIT
TITLE > れす
>>3wayamaさん

どうもで~す。
こんだけ引越しがかさんでいるブログに引っ越し祝いなど無用の長物ですw

で、INDの話ですが。
アーテスト放出は、もーしょうがないかって感じでした。
「修復不可能」の一言に尽きたと思います。
レジー無き後はコーチも含めて「大人のチーム」ではなくなったかなー、という思いはありますけど。

Jオニールがセンター欲しがるのは、「自分がPFの方がプレイしやすい事」と「ダブルチームされた時の対応が上手くない事」に尽きるのかな、っと。
ま、その点でもインサイドで戦えるだけの体躯を有し、ポストアップすることもできたアーテストの穴は大きいかなと思いますです。
特にオフェンス面でジャーメインの負担を軽減できるタレントが、確かに一枚欲しいところです。(こればっかりはジェフ兄貴やクロじゃなぁ・・・)
berger 2006/05/14(Sun)08:48:47 #EDIT
 ■ この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ [PR]
Powered by 忍者ブログ  Design by © まめの
Copyright © [ つれづれ Fifth Season ] All Rights Reserved.