忍者ブログ
http://berger.blog.shinobi.jp/
只今酩酊中につきグダグダ運営中・・・
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
コメント
(09/04)
(06/22)
(06/22)
(06/17)
(06/16)
(05/25)
(05/25)
(05/24)
(10/08)
(10/07)
プロフィール
HN:
berger
性別:
男性
連絡・苦情等
berger028@hotmail.com
ブログリスト
ブログ内検索
バーコード
[26] [25] [24] [23] [22] [19] [18] [17] [16] [15] [14]
■ [PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


NBA Playoff Eastern Conference semi-final series GAME7

Cleveland Cavaliers 61, Detroit Pistons 79





(プリンスっちゅーのはホント厄介なプレーヤーだと・・・。)

DETがDETらしい戦い様で、最後はCLEを粉砕。

今が盛りのDETと、これから伸していくハズのCLE。

そんな図式だったこの対決は、CLEの健闘で素晴らしいシリーズになりました。(恥かしながら、私はCLEが3つ以上勝つことはないと思っていました。)

その健闘振りに今は拍手を送りたいですが、来シーズン以降のことを思うと頭が痛いです(苦笑



ただCLEにとってはレブロンのプレーヤーとしての完成度の高さをまざまざと見せ付けるプレイオフとなりましたが、レブロン一人だけでは頂点は望めない事もまた明らかに。

さて、オフはどうしますかね。

FAプレーヤー(グッデン、マレー)との再契約を最優先しチームを動かさない方向でいくか、それともマイナーチェンジを図るのか。

まずはオフに再契約問題を抱えるグッデンの処遇でしょうか。(シーズン中はトレード説もあったかと思いますが・・・)

確かにグッデン含め、CLEのインサイドは粒揃いではあれど一長一短の個性派揃いで攻守に「支柱」になれるような存在がいないのは不満でしょうが、誰が出てきてもインサイドの肉弾戦、制空権争いでそれほど引けをとることはない駒の豊富さは貴ぶべきかと。(バレジャオがきちんと育っていけば状況はより良くなるだろうし。)

ましてやグッデンはリバウンドが強く、チームにとって一定の貢献は常に計算できる。(オフェンス面ではそのスキルを活かされてなくて、CLEにとっては計算できない、というかあまり当てにしてない感じですけど。)

値段次第で再契約すべきだと思うのですが、はてさてまずいくらになる事やら。(ミドル枠には収まるまい。7~8mil平均くらい?)

んー。

あと賛否分かれそうなヒューズの存在でしょうか。

今シーズンは怪我に苦しんだし、プレイオフでも実弟の不幸で欠場続きと精彩を欠いたシーズンだったように思えるけど、1on1での打開力、PGもこなせる程度のボールハンドリングの良さとゲームメイク能力、それなりのシュートレンジに一定のサイズを兼ね備えた彼は、万全なら必ずレブロンの負担を軽減できる存在だと思うのです。(でもマレーとはちゃんと再契約すべしでしょうね。ヒューズ欠場の穴を曲りなりにも埋めてくれたんだし、控えとしては十分の能力っしょ。)

そしてレブロンとヒューズがいれば、CLEにとって懸案であるはずのPGは守備と3Pだけマトモなら、他に求めるスキルはそれほどない・・・。

となると、スノウとD・ジョーンズを足したようなプレーヤーが理想なのかな。(w

中々上手くいかないもんですねぇ。


というわけで、グッデンでサイントレ等、CLEがトレードを図るとすれば、優秀なPGを求めていくんじゃないかと思いますが。(もちろんその時はスノウもつけて。)


・・・アンソニー・ジョンソン(IND)なんか如何?


いやあげませんがね。(爆

(なーんか去年も似た事書いてたような・・・。)
PR
 ■ この記事にコメントする
HN
TITLE
COLOR
MAIL
URL
COMMENT
PASS
TITLE > 無題
CLEファンとは言えないにわかの僕ですが、bergerさんのチーム強化案にだいたい賛成です。レブロンのあの強烈なペネトレイト力があればディフェンスが引きつけられ、マーシャルやデイモン・ジョーンズなら目つぶっても3ptを入れるかと思っていたんですが……。オフェンスシステムが上手くいってないのかどうか、そういう風にはなりませんでした。となるとPGとしての基本的技術があり3ptもうまいという選手が必要になるようです。スノウのシュートは多分もう引退までうまくならないので(苦笑)、グッデンのトレードで良いPGがとれたらと思います。
佐吉 2006/05/24(Wed)14:04:11 #EDIT
TITLE > れす
佐吉さん、どうもです~。

確かにマーシャルやデイモン・ジョーンズが加入した割に、オフェンス面での課題は解消しきれなかったように思えます。
3P成功率リーグ27→24位 33.2→33.9%と前年比から大きく変わらず、です。
ただ平均アテンプトは11→18本へと大幅増えています。
マーシャル&D・ジョーンズの3Pがレブロンのペネトレイト力をより活かし、またそれにより彼らの3Pが活かされる、という方向性は確かにあったのだと思います。
問題は、特にヒューズの怪我離脱後、2人のシューティング(3P成功率)が安定性を欠き、思ったようにディフェンスが外に広がらなかったということでしょうか。(マレーの加入後、良くなっていきましたけど。プレイオフでもオイシイところもっていったシーンもありましたしね。)
もう少し2人のスリーが入るようになれば手が付けられない事になりそうで実に怖いということもあり、正直自分は今くらいで良いじゃないかと思っております(苦笑

ま、マイク・ブラウンはINDでもディフェンス担当のACだった人(INDは惜しい人材を失ったとつくづく・・・)ですし、オフェンスシステムの構築は得意としてないのかもしれないですね。
ま、HC1年目ですし酌量の余地はあるのではないかと。

あとグッデンはやはりトレード要員なのですかねえw
個人的には結構買っているプレーヤーなので、良い働き場を得て欲しいです。
berger 2006/05/25(Thu)03:49:35 #EDIT
 ■ この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
学年末テスト~一日目~
NBA プレイオフ
URL 2006/05/23(Tue)10:10:53
忍者ブログ [PR]
Powered by 忍者ブログ  Design by © まめの
Copyright © [ つれづれ Fifth Season ] All Rights Reserved.