忍者ブログ
http://berger.blog.shinobi.jp/
只今酩酊中につきグダグダ運営中・・・
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
コメント
(09/04)
(06/22)
(06/22)
(06/17)
(06/16)
(05/25)
(05/25)
(05/24)
(10/08)
(10/07)
プロフィール
HN:
berger
性別:
男性
連絡・苦情等
berger028@hotmail.com
ブログリスト
ブログ内検索
バーコード
[22] [19] [18] [17] [16] [15] [14] [13] [12] [11] [10]
■ [PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


本当に思わぬ展開になっているプレイオフだが、それがまた楽しい、面白過ぎる。



NBA Playoff Western Conference semi-final series GAME5

Dallas Mavericks 97, San Antonio Spurs 98



SASが首の皮一枚繋がってGAME6へ。

これはまた凄いシリーズになってきた。

終盤、ルーズボールを追いかけ、文字通り「もつれ合い」となり、ジャンプボールで弾かれたボールの行方に両チームのプレーヤーが死力を尽くす展開というのは、実にアツイものがある。


このゲームのハイライトとなるシーンを1つ挙げろといわれれば、このシーン。





SASが蓄えたリードを吐き出し逆転を許した直後、4Q残り6:30頃。

トップからフィンリーがドライブイン、ダンピアーの上から豪快にダンクを叩き込む!!

このダンクがDAL勝利の気配が漂いつつあったゲームの空気を淀ませたように思う。

(ついていたのがノビツキーとはいえ)フィンリーは本来あれが出来るプレーヤーなんだよなぁ。

SASに来てからは与えられた役割にに徹しすぎていて、悪い言い方をすれば老け込んだプレーをしていたように見える。

まだ33歳、老け込むには早すぎるよ。

このシリーズ、SASが勝ち抜くにはフィンリーのリングへの「執念」がより必要となる気がする。

ましてや相手は古巣DAL、「執念」を発揮するにはこの上ないシチュエーションでしょう。



そしてDET-CLEは何とCLEが3連勝。

クロスゲームでの敗戦だけにベンのFT0/7に批判が集まりそうだけど、問題の根本はそこではない気がする。



フィリップ・サンダースというHCにはプレイオフを勝ち抜くための何かが欠けているのかもしれない。

何だかプレーヤーのメンタルマネージメントが上手くいっていないのではないかと・・・。

このままレブロンがすんなりDETを打倒してしまうのは、つまらないし何だか悔しくもあるので、DETにはもう一踏ん張りしてもらいたい。
PR
 ■ この記事にコメントする
HN
TITLE
COLOR
MAIL
URL
COMMENT
PASS
 ■ この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ [PR]
Powered by 忍者ブログ  Design by © まめの
Copyright © [ つれづれ Fifth Season ] All Rights Reserved.