忍者ブログ
http://berger.blog.shinobi.jp/
只今酩酊中につきグダグダ運営中・・・
カレンダー
03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
コメント
(09/04)
(06/22)
(06/22)
(06/17)
(06/16)
(05/25)
(05/25)
(05/24)
(10/08)
(10/07)
プロフィール
HN:
berger
性別:
男性
連絡・苦情等
berger028@hotmail.com
ブログリスト
ブログ内検索
バーコード
[40] [39] [38] [37] [36] [35] [34] [33] [32] [31] [30]
■ [PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


自分はそれほど今の代表を熱心に応援している人間ではないけれど、それでも敗戦自体は残念だったし、そのプロセスには大いに腹が立った。


自分が何とか見ることが出来たのは後半10分あたりから。

その時点で1点リードしていて、すぐに坪井のアクシデントはあったものの、パワープレー頼りのオーストラリアに対する守備は安定、カウンター狙いもある程度機能しており、日本にとって悪くない展開に思えた

が、しかし特に前線&中盤の選手達はまるで「海の底」にでも引き摺り込まれたかのように、みるみるうちにヘバっていきましたね・・・。

そしてジーコはそれを座して眺めるだけ。_| ̄|○

そんな疲弊しきった日本に対し、着々と前線の枚数を増やして押し込んでいくヒディング。

元々体力面では日本よりアドバンテージがありそうなオーストラリアのほうが、どんどん前線にフレッシュな選手を投入して来るんだから、そりゃあ時間が経つにつれて日本が苦しくなっていくのは道理ってもんです。

で、ジーコもようやく誰か投入する動きを見せたかと思ったら、「運動量」「活力」「守備意識」が欲しい場面に小野、交代するのは点は取れそうになかったけどまだ動けている方だった柳沢。

そもそも2TOPでも相手を追えない状況で、1TOPにしてどうやって追えと。

なにこの中途半端。

1TOPにしたことでその1TOPの高原は完全に死に体になってしまい、事実上日本は10人になってしまったかのよう。

これはそのうち決壊するぞと思ったら、それまで日本を救ってくれていた川口のミスから失点。

でも川口を責める気はしないよな・・・あのゲームみて。

同点、ペースは完全にオーストラリアが握っている。

さすがにこれはもう最後のカードを切るしかないだろうと思っても、ジーコは動かない。

この時点でちょっと絶望した。_| ̄|○

そしてケーヒルの鮮やかな決勝ゴール。

慌てふためいて大黒投入も、それを嘲笑うかのように3点目を決められ、ゲーム終了。

ヒディング演出による絵に描いたような逆転劇。

日本は体力負け&采配負けで完敗、という印象でした。



クロアチア戦、なすすべもなく敗れるようなことになると、この4年間は日本代表にとって失われた4年間ということになりそう。

何しろ今の代表には「南ア」に繋がるような年代の選手は入っていないのだから。

そんなことにならないためにも、選手達には何とかこの危機的状況を踏みとどまって頑張って欲しい。

4年分の経験と、技量と、成熟を、クロアチア戦で発揮して欲しい。

ジーコJAPANやサムライブルーに興味はなくとも、個々の選手や日本のサッカーには無関心ではいられないということもあって、遅まきながら俄然自分の中で代表愛が盛り上がってきましたよ。
PR
 ■ この記事にコメントする
HN
TITLE
COLOR
MAIL
URL
COMMENT
PASS
 ■ この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ [PR]
Powered by 忍者ブログ  Design by © まめの
Copyright © [ つれづれ Fifth Season ] All Rights Reserved.